ライターで稼ぐ為に抑えるべきSEOライティング10選

WEBライター 必要なスキル

ライターで稼ぐ為に抑えるべきSEOライティング10選

 

デザインくん
ライターで稼ぐ為に抑えるべきSEOライティング10選を解説

 

ライターで稼ぐ為には、SEOライティングを意識しなければいけません。
SEOとは、検索エンジン最適化の略称です。多くの人が「SEO対策とはよく聞くけど、実際に何をすればいいの?」と悩むのではないでしょうか。日々変化をするアルゴリズムへの対応を講じるのは大変です。
まずは、SEOライティングに関しての基礎を確認しておきましょう。

そこで今回は、ライターで稼ぐ為に抑えるべきSEOライティング10選を解説します。ライターで結果をすぐにでもだしたい人は参考にしてください。

 

ライティングに必要なスキルは?記事を書く際に役立つツール・ソフトも解説
ライティングに必要なスキルは?記事を書く際に役立つツール・ソフトも解説

  スキマ時間を有効に使って収入を得られるライティングは、在宅ワークの中でも人気があります。手軽にはじめられることも人気の理由ですが、「パソコンとインターネット環境があればできるというのは本 ...

続きを見る

 

SEOライティングとは?

エンジニアくん
SEOライティングとは、検索エンジンを意識した文章を書くことです。

記事をネットに掲載する理由はさまざまですが、多くの人は収入につなげるためではないでしょうか。収入につながる方法はいろいろとありますが、共通している点は多くの人に見てもらわなければいけないことです。
多くの人に見てもらうことで利益がアップします。

見てもらう方法として一番効果的なのが、検索された結果で上位に表示されることです。
検索エンジンでは、一般的に利用者が知りたいことを単語にして検索を行います。検索された後、実際にページを開くのは上位表示されたものぐらいです。次ページに行く人はあまりいないのではないでしょうか。つまり、

ココがポイント

「収入を増やす」という結果につなげるには、上位表示が重要です。

上位表示をさせるために「SEOライティング」を施します。

大変なのはSEOが変化すること、変化にSEOライティングを合わせていかなければいけません。
今まで上位表示だった記事が、急激に下がることもあります。SEOライティングにゴールはありません。日々勉強が必要です。まずは、基礎を抑えておきましょう。

 

ライターで稼ぐ為に抑えるべきSEOライティング10選

ライターで稼ぐ為に抑えるべきSEOライティング10選は次のとおりです。

  1. ユーザーファーストを意識する
  2. クローラリビリティを意識する
  3. 検索クエリを意識した記事にする
  4. E-A-Tを意識して品質評価を高める
  5. キーワード選定
  6. 表記ゆれに注意をする
  7. 代名詞の多用に注意をする
  8. 独自性の高い文書を書く
  9. 共起語を利用する
  10. 画像の挿入はalt属性に言葉を入れる

詳しく解説をしていきます。

 

ユーザーファーストを意識する

 

エンジニアくん
ユーザーファーストとは、利用者の利益や満足度を最優先することです。

ネットで検索した人の利益や満足度とはなんでしょうか?

ネットで検索した人の利益や満足度

  • 得たい情報を十分に理解できるサイトだった
  • ネットで買いたいものが手に入った

ココがポイント

満足度とは、サイトを見ただけで利用者が納得できるだけの情報量が、わかりやすく丁寧に書かれていることです。利用者目線で記事を作成することがユーザーファーストにつながります。


今回の記事は誰に読んでほしいですか?ターゲットを見定めて記事を作成しましょう。
1年生には1年生の教科書、2年生には2年生の教科書が渡されるのは当然です。1年生に3年生の教科書を渡しても理解できません。難しくて勉強が嫌いになることでしょう。

ネットも同じです。ターゲットが1年生ならば、1年生にわかりやすいサイトでなければ、すぐに別のサイトを開きます。サイトの滞在時間も非常に短くなることでしょう。ユーザーファーストとは、見てほしい人に寄り添った内容でなければいけません。

キーワードで検索してサイトを見るのは人です。見る人をイメージしながらキーワードと内容を意識し、ユーザーファーストの記事に近づけていきましょう。

 

クローラリビリティを意識する

 

エンジニアくん
クローラリビリティとは、Googlebot(Googlが利用しているウェブクローラーの総称)がネット上のリンクを巡回して検出をするさいの、ページの見つけやすさを増やす指標です。

クローラリビリティが向上すれば、巡回される回数が増え、検索エンジンに認識される可能性が高まります。
クローラリビリティを意識したSEOライティングは次のとおりです。

クローラリビリティを意識したSEOライティング

  • タイトル名に検索されたいキーワードを入れる
  • 内部リンクを充実させる
  • SNSを利用して被リンク(外部のサイトから設置されたリンク)を増やす

上記を意識したライティングを考えましょう。

ココがポイント

内部リンクを設置することでGooglebotの巡回経路が増え、検索エンジンに認識されやすくなります。外部サイトの参照を増やせば記事の信頼性が向上し、被リンクも増えることから一石二鳥の対策です。

クローラリビリティは「不要記事の削除」や「読み込み速度の改善」など、ライティン以外にも対策は必要ですが、ライターにもできることがあります。クローラリビリティを意識したSEOライティングを行いましょう。

 

検索クエリを意識した記事にする

 

エンジニアくん
検索クエリとは、ネット検索の「検索窓」に入力する言葉のことです。

記事の内容とキーワードの関連性が高い記事を意識しなければいけません。検索をした結果と記事の内容が違うとユーザーファーストにも反します。

クローラリビリティでも解説をしましたが、タイトルにキーワードを入れることは、検索クエリを意識することにもつながるのです。

検索クエリを意識する箇所を確認しておきましょう。

検索クエリを意識する箇所

  • できるだけタイトルの最初にキーワードを入れる
  • 自然に見出しへキーワードを入れる
  • 記事の冒頭(リード文)やまとめにもキーワードを入れる

検索クエリの重要ポイントは、自然に簡潔にキーワードを入れることです。
SEOライティングだからと言って、無理に多用すればよいものではありません。

ココがポイント

意図的な検索クエリ対策は、逆効果をうむこともあります。あくまでも記事の内容はユーザーファーストでなければいけません。意図的な多用はユーザーファーストからも外れる行為と認識される可能性があります。


あくまで自然に検索クエリを意識してください。

 

E-A-Tを意識して品質評価を高める

 

エンジニアくん
E-A-T とは「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の略称です。

E-A-Tを高めることでサイトの品質評価を高めます。検索品質評価ガイドラインにも公表されている、SEOライティングに重要な内容です。

E-A-T

  • 専門性:内容やサイト全体に専門性があるかを問われます。
  • 権威性:サイトの内容は正しいのかが問われます。
  • 信頼性:利用者から信頼されているかが問われます。

公的機関の記事情報とブロガーが書いたブログ、同じ内容でも公的機関の信頼性に勝つことはできません。

ココがポイント

SEOライティングにできることは、専門性を高めた内容をライティングして、サイトの威厳性を高めるため外部リンクから引用を活用し、信頼されるサイトにすることです。とくに専門性には重視をしなければいけません。

サイト全体がぶれると、SEO効果は下がります。

E-A-Tを理解して、記事の品質評価を高める意識がSEOライティングには必要です。

 

キーワード選定

 

需要のあるキーワード選定がSEOライティングには必要です。

そもそも検索クエリに利用されない言葉をキーワードに選定しても記事の需要はありません。どんなにユーザーファーストの記事でも、必要とする人がいなければ作成する時間の無駄です。

ココがポイント

SEOライティングはキーワード設定によって左右されるとも言われています。

ライターの仕事範囲は、依頼者との契約によってまちまちですが、キーワード選定まで任せられるのならば、次の点に注意をしてください。

キーワード選定の注意点

  • キーワード候補はたくさんだす
  • 競合性やボリュームを調査する
  • 記事テーマをキーワードにする

キーワード選定は重要なので任されていない人も多くいます。しかし、本来のSEOライティングはキーワード選定も込みです。
記事のキーワード選定から依頼を受けたときは、熟考をして選定しましょう。キーワード選定まで継続的に任されたライターは、クライアントから信頼されている証と言っても過言ではありません。

SEOライティングで収入を得るライターとしての目標にしてみてはいかがでしょうか。

 

表記ゆれに注意をする

 

表記ゆれとは、同じ言葉なのに違う言い回しをすることです。もしくは、正しい表記と間違った表記が混ざる内容も該当します。

エンジニアくん
例えば、「犬」と「イヌ」を同一記事内で利用することです。

表記ゆれになりやすい例を紹介します。

表記ゆれになりやすい例

  • 「下さい」と「ください」
  • 「Google」と「グーグル」
  • 「10年」と「十年」
  • 「WEB」と「ウェブ」
  • 「スマートフォン」と「スマホ」

意味は同じですが、違う言い回しを利用していることはありませんか?表記ゆれは、自然に起きてしまいます。

キーワードが表記ぶれを起こすとSEOに強く影響を及ぼすかもしれません。

ココがポイント

「スマートフォン」と「スマホ」をそれぞれ検索してみましょう。表示されるサイトの順位が変動します。


同じ意味でもキーワードが表記ゆれをすることで、検索順位に大きな影響を与えるのです。
表記ゆれを発生させないポイントを紹介します。

表記ゆれを発生させないポイント

  • ひらがなを利用する一覧などを作成し、表記ゆれがないよう工夫をする
  • 「Google」と「グーグル」
  • 読み手を意識したルールの作成

 

いろいろなクライアントの仕事を対応していると、表記ゆれが発生しやすいです。

チェックツールを活用して表記ゆれを起こしていないか確認をしてから納品をしましょう。

 

代名詞の多用に注意をする

代名詞とは、名称を利用せず「人」「場所」「方向」などを指示することです。

エンジニアくん
代名詞はライティングをしていると、ついつい利用をしてしまいます。

ココがポイント

「あれ」「これ」「それ」など、何気なく利用をしていませんか?これもSEOライティングには邪魔です。普通に読めますが、自然に「これ」を利用してみました。何気なく利用できる指示語です。

読み手には伝わりますが、検索エンジンは何を指しているかわかりません。「これが示しているもの=キーワード」だとしたら、SEO対策としては不十分です。

ついつい利用をする代名詞の多用には注意をしましょう。
検索エンジンに嫌われる可能性があります。

 

独自性の高い文書を書く

 

独自性とは、他にはない個性の強さを指しています。固有のものです。

同じキーワードを持つサイトとの差別化がSEOライティングには求められます。独自性を意識した主なライティングは次のとおりです。

独自性を意識した主なライティング

  • 自分の体験や経験を盛り込む
  • 他にない構成などの工夫
  • 独自性の高いノウハウを盛り込む

無理に盛り込むと利用者の求めているものとずれる可能性があるので注意をしましょう。

ココがポイント

ライターの仕事をしていると、コピペ率の確認を求められます。独自性の確認も含まれていますが、コピペ率の高い記事はペナルティを受け検索結果に影響を及ぼす可能性が高いです。検索エンジンに独自性が認められなければいけません。


ただ、コピペをしていないにもかかわらず、コピペ率を確認したら高いこともあります。利用しているキーワードが多くのサイトで多用されていると、何かしらと一致しコピペ率が上昇するかもしれません。
キーワードによっては、より強い独自性のライティングが必要です。独自性を強くしても、内容がぶれるのだけには注意をしましょう。

 

共起語を利用する

 

コーダーくん
共起語とは、キーワードと一緒に利用される頻度の高い言葉のことです。

例えばキーワードが「ダイエット」だとします。共起語は「食事」「方法」「運動」「レシピ」などが連想できませんか?検索する人が、検索クエリに文字を入れるさいに追加をする言葉などです。

共起語を利用すれば、記事のテーマのぶれ防止にも役立ちます。

ただし、キーワードで説明をしたとおり、共起語も自然な利用が大切です。タイトルや見出しに無理やり入れるとぶれた記事になるかもしれません。不自然にならない程度に共起語の利用をしてください。

 

画像の挿入はalt属性に言葉を入れる

 

SEOライティングは、ライターに画像の挿入を求められることもあります。
画像を利用すれば、記事のわかりやすさが向上し、ユーザーファーストに近づくはずです。SEOライティングに、画像の選定まで求められているライターは、alt属性を必ず画像に入れてSEO対策をしましょう。

ココがポイント

alt属性とは、画像の代わりになるテキストです。画像が表示されないときの代替手段としてサイトに表示されます。alt属性を入力することで、Googlebotが画像の内容を理解し、SEOに影響を与えることがあるのです。

 

ただalt属性も無理にキーワードを入れると検索エンジンに嫌われる可能性があります。

画像が見られないときのユーザーファーストを意識してテキストを入力してください。

 

まとめ

 

ライターで稼ぐ為に抑えるべきSEOライティング10選を解説しました。SEOライティングは、常にアンテナをはっておくことが大切です。SEOを意識したキーワードで検索した結果、ライティングした記事が何ページ目に表示されるかの確認を行い、正しいかの判断をしてください。
定期的に確認をすることで、SEOの変更にも気が付けます。

SEOライティングは一長一短でできるものではありません。ライターの意識が必要です。ライターで稼ぐ為に抑えるべきSEOライティング10選を参考にしていただき、意識の向上を図りましょう。

-WEBライター, 必要なスキル
-,

© 2021 フリーランスの教科書