フリーランスの仕事の探し方・案件獲得方法まとめ【全般】

仕事・案件の探し方

フリーランスの仕事の探し方・案件獲得方法まとめ【全般】

 

「フリーランスを始めたが仕事が見つからなくて困っている」と悩んでいる人はいませんか?「仕事をこなすスキルは高いから大丈夫」と考え、思い切って始めたフリーランスに行き詰る人が後を絶ちません。ほとんどの人が「仕事の探し方」で悩みます。仕事が見つからずただただ過ぎていく時間に対し、スキルがあるだけに苛立ちが増すばかりです。案件獲得方法に悩んでいる人は、どのような仕事の探し方があるかを確認しておきましょう。自分にできることから始めることが大切です。

 

そこで今回は「フリーランスの仕事の探し方・案件獲得方法まとめ【全般】」を解説します。自分でも出来そうな仕事の探し方から、実践をしてみてください。

 

フリーランスになるには?絶対に知っておきたい10つの基本知識
フリーランスになるには?絶対に知っておきたい10つの基本知識

  「フリーランスになりたい!」と考えている人はいませんか?フリーランスは、個人で契約をして仕事をする人、もしくはその働き方自体を意味します。企業や団体に所属せず、自分の能力で収入を得る働き ...

続きを見る

 

フリーランスが仕事の探し方を知る前に見直すべき3つの不足

 

仕事の探し方を知る前に、自分に不足している事項がないかを確認しておきましょう。次の3つのうち、どれかひとつでも不足をしていると、継続案件獲得が大変な作業になります。

  • コミュニケーションスキル不足
  • 職種に対するスキル不足
  • 実績不足

 

コミュニケーションスキルがないと、今回紹介をする「フリーランスの仕事の探し方」を実践しても、継続案件を獲得できません。単品で終わることが増え、仕事を探す状態が常に継続します。フリーランスを成功させるために必要なのは「大型案件」です。継続性のある仕事を請け負わなければいけません。クライアントと同等の立場で仕事ができるのはフリーランスの魅力ですが、より人間関係の構築がしやすい人と仕事をしたいのは、当然のことではないでしょうか。連絡など、コミュニケーションスキルが足りない人は、相手のストレスになるかもしれません。

 

エンジニアくん
よほどの実力や魅力的な実績がない限り、継続されないのが普通です。

 

ココに注意

仕事が単品ばかりの人は、フリーランスとしての「信用度」も下がる傾向があります。信用度が下がると案件獲得が難しくなり、単価の低い仕事に手を出すのが一般的です。仕事のない期間に焦りを覚え、やばい案件に手を出すかもしれません。安い単価の単品仕事ばかり増え、実力も上がらないまま時間が経過していきます。仕事量と収入が見合わない状態です。

まずはコミュニケーションスキルを上げ、職種のスキルを向上させておきましょう。目に見える資格の取得や、ポートフォリオの作成がおすすめです。ライティングでフリーランスをしたい人は、ブログを作成してみてはいかがでしょうか。アフィリエイトブログを作成することで、スキルを示しながら副収入が得られます。

 

コミュニケーションスキルと職種のスキルにより実績を作れば、案件獲得がしやすくなるはずです。仕事の探し方を試す前に、まずは自分の不足を確認しておくことをおすすめします。

 

フリーランスの仕事の探し方

 

フリーランスの仕事の探し方は次のとおりです。

  1. クラウドソーシングサイトの活用
  2. エージェントの活用
  3. 求人サイトの活用
  4. 勤めていた会社から仕事を請ける
  5. つてを頼る
  6. SNSを利用した宣伝
  7. 営業をする
  8. 勉強会や交流会に参加をする

 

詳しく解説をしていきます。

 

案件獲得方法①クラウドソーシングサイトの活用

 

フリーランスを始めたばかりの人は、クラウドソーシングサイトの利用がおすすめです。先ほどの不足部分の強化ができます。単品での仕事もありますが、なかには継続案件もあるので経験値を上げるのにおすすめです。フリーランスになる前に、副業で経験を積みたい人にもクラウドソーシングサイトをおすすめします。人気のサイトは次のとおりです。

 

  • クラウドワークス:仕事のカテゴリーは200種類以上、国内最大級のクラウドソーシングサイト
  • ランサーズ:単純作業から専門スキルが必要な仕事まで幅広い内容で充実
  • ココナラ:自分のスキルを出品し、利用者に購入してもらう

 

クラウドソーシングサイトは他にもありますが、まずは最低でも上記3つに登録をしておきましょう。契約はすべてクラウドソーシングサイトが行ってくれます。フリーランスがサイトを経由せず仕事をする場合、自分で契約書の作成や確認をしなければいけません。初めての人は契約書でつまずくこともあるので、クラウドソーシングサイトで仕事をしながら契約書に関する知識を増やしておきましょう。万が一契約書がない状況でトラブルが発生すると、法律の定めにより決着をつけます。自分に有利な判断がでるとは限らないので注意をしてください。

クラウドソーシングサイトで実績を増やし、ポートフォリオを充実させれば案件獲得の助けになります。まだ会社員をしているのならば、仕事の探し方を経験するためにも、副業としてクラウドソーシングサイトを利用してみましょう。一連の流れがつかめます。

 

案件獲得方法②エージェントの活用

 

職務経験がある人には、フリーランスエージェントの活用がおすすめです。自分のスキルに見合った案件獲得をエージェントがしてくれます。本業で実績を積んでいるフリーランスならば、エージェントの活用が仕事の探し方としては簡単です。エージェントの中には、福利厚生が充実しているサイトもあります。安定した案件獲得の条件がそろっているサービスです。契約や税務処理関係も助けてくれます。おすすめのエージェントは次のとおりです。

 

  • レバテック:ITエンジニア、クリエイターの専門エージェント
  • クラウドテック:リモートワーク案件も豊富
  • ミッドワークス:正社員並みの福利厚生が充実
  • ギークスジョブ:ITフリーランスに特化したエージェント

 

複数のエージェントに登録することで案件獲得の確立が増えます。ただし、実務経験年数が問われるサイトばかりです。実務が伴っていないフリーランスには、向かないかもしれません。

また、エリアが限定された常駐案件が多くいため、フリーランスの魅力である自由度が下がります。完全在宅ワークを求めているフリーランスの人にはおすすめできません。

エージェントを利用した仕事の探し方は、ITエンジニアやクリエイターの実務経験があり、常駐が可能な人におすすめです。上手に活用できれば、初年度から年収600万円以上も夢ではありません。気の合うエージェントと出会うためにも、複数のサイトに登録をしておきましょう。

 

案件獲得方法③求人サイトの活用

 

求人サイトでもフリーランスの募集を行っています。エージェントの場合、案件獲得には質問に答えるなど打ち合わせが必要です。打ち合わせを行うことで、自分にマッチした仕事を斡旋してくれます。どうしてもエージェントを間に挟みたくないなど、何かしらの理由がある人には求人サイトがおすすめです。

 

  • インディード:求人情報を専門とした知名度の高い検索エンジン
  • スタンバイ:Yahoo!との連携により募集情報が豊富
  • 求人ボックス:知名度は低いが順調にユーザーを増やしている求人サイト

 

エージェントは、ITエンジニアにおすすめをする仕事の探し方です。逆に求人サイトは、幅広い募集を行っています。完全在宅ワークの仕事も多数あり職種も豊富です。実務経験を問わない仕事もあります。

 

求人サイトは「正社員」や「アルバイト」のイメージが強いかもしれませんが、最近は「業務委託」も増えてきました。企業も、フリーランスが増えてきたことに伴い行動を始めています。できるだけ自分のスタイルを崩さずフリーランスを続けたい人は、複数の求人サイトに登録をしておきましょう。

 

案件獲得方法④勤めていた会社から仕事を請負う

 

辞める前に、勤めている会社から業務委託を請け負う方法もおすすめです。会社員として行っていた業務を、直接の外部委託として受注します。例えば、正社員としてデザイナーの仕事をしているのならば、フリーランスになっても今までどおり仕事を行う方法です。フリーランスになったことで、他の会社と仕事ができるようもなります。フリーランスになるときから次の仕事が決まっている状態なので、魅力的な方法です。ただし次の点に注意しなければいけません。

 

  • 双方が納得したキレイな辞め方が必要
  • 業務委託でも仕事をしてほしいと思われる実力が必要
  • 他でも仕事ができる契約内容にする

 

勤めていた会社と辞めた後も付き合う方法です。辞め方には十分注意しなければいけません。理想はフリーランスになることを説明し、会社から業務委託を提案される状況です。

 

求められる人材なので、フリーランスになっても成功する可能性が高いことがわかります。独立をする場合は、良好な関係を維持しながら辞めるようにしましょう。フリーランスになってからの、仕事の探し方を増やすためにも必要です。

 

案件獲得方法⑤つてを頼る

 

今までの「つて」を頼るのも大切です。今までの仕事で培ってきた人間関係が良好ならば、チャンスが増えます。フリーランスになったことを話すことで、取引先の紹介をしてもらいましょう。

フリーランスが仕事の探し方で困る内容のひとつに、信用度の低下があげられます。今までは、勤めている会社のブランド名で仕事ができていました。フリーランスになると、自分だけの信用で仕事を取らなければいけません。関係をゼロから構築する状況に対応できない人もいます。

今までに出会った人との関係が良好ならば、信用度も問題ありません。取引先を仲介してもらうことで、新たなつながりも生まれます。紹介者の評判を落とさないためにも、完璧な仕事が求められますが、それも良い刺激です。新たなつながりが、新たな案件獲得を生み出すこともあります。
つてを頼ることに抵抗を持っている場合ではありません。いつか恩返しをすれば良いだけです。仕事の探し方に悩んでいる人は実践してください。

 

案件獲得方法⑥SNSを利用した宣伝

 

SNSを活用して宣伝をする仕事の探し方もおすすめです。自分の職種やスキル、取得している資格をアピールします。アピールを強化するためにもポートフォリオを添付しておきましょう。職種がライティングの人は、ブログを作成しておくことで実力を示します。動画編集をしている人は、自分が編集をしたYouTube動画を添付しておきましょう。

タイミングよく人材を探している人が見てくれるかもしれません。返信をもらえればラッキーです。ただし次の点に注意をしてください。

 

  • SNSは悪意でつながろうとする人もいる
  • 暇つぶしで冷やかす人もいる
  • 商品を売りつけようとする人もいる

 

SNSは、多くの宣伝効果がありますが、ピンポイントで広告を配信するわけではありません。相手が、何かしらの悪意を持っている可能性もあります。返信などによる受け答えに関しては、慎重に行うことが大切です。

 

ただSNSのつながりで案件獲得をした人もいます。気を付けて利用をすれば、仕事の探し方として利用ができることは間違いありません。

 

案件獲得方法⑦営業をする

 

飛び込み営業の経験がある人は、直接営業をするのもおすすめです。ピンポイントで自分をアピールします。仕事の探し方としてはグイグイいくタイプの方法です。

 

  • 企業や店舗に訪問し直接営業をする
  • ホームページから直接メールやDMを送付する
  • ブログなどのコメント欄を活用して営業をする

 

営業の経験がない人はくじけるかもしれない方法です。メンタル面の弱い人にはおすすめできません。相手にしてくれる企業はほんのわずか、聞いてくれるだけでもありがたいと思います。しかし、何も行動を起こさないよりはマシです。名刺を置いてくるだけでも、チャンスが生まれるかもしれません。人見知りをしない人におすすめの方法です。

 

案件獲得方法⑧勉強会や交流会に参加をする

 

動画編集さん
フリーランスを始めたばかりの人は、積極的に勉強会や交流会に参加をしましょう。

 

横のつながりを増やすチャンスです。経費が必要ですが、先行投資をしなければ育ちません。お金と時間がもったいないと考える人もいますが、横のつながりはフリーランスにとっての財産です。

検索サイトで、「自分の職種」+「交流会」と検索をしてみましょう。勉強会やその後の交流会の情報が検索されます。先ほどの飛び込み営業よりも楽に自分のアピールができる場です。場の空気をよみ、名刺を配りながら盛り上げます。運が良ければ、企業の決定権者に出会えるかもしれません。立ち居振る舞いに気を付けながら、自分の実力をアピールしましょう。

 

まとめ

 

「フリーランスの仕事の探し方・案件獲得方法まとめ【全般】」を解説しました。まずは、自分に足りていない部分を見つめ直しましょう。自分を客観的に見ることで、求められていない理由に気が付けます。足りない部分を補うことで、必要とされる人材になりましょう。

フリーランスを成功させるためには、複数の継続案件を維持しながら、新規獲得を意識しておくことが大切です。仕事が途切れると焦ります。ただし、無理をして体を壊しては意味がありません。体を休ませながら、余裕をもった仕事探しができれば成功するはずです。体調を崩したことで信用を失わないように、注意をしましょう。

-仕事・案件の探し方

© 2021 フリーランスの教科書