動画編集フリーランスが未経験から稼ぐ方法

仕事・案件の探し方 動画編集者

動画編集フリーランスの収入は?未経験からでもフリーで稼げるようになる方法

 

動画編集さん
動画編集フリーランスに興味がある人は、収入が気になるはずです。

 

 

動画編集フリーランスの年収はスキルや実績、さらにやる気によってだいぶ変わります

 

 

未経験から始める場合、例えば1本の動画編集による収入は5,000円といった内容で仕事を請けるのが一般的です。

スキルや実績があれば短時間で処理が終わるようになり、質が上がればリピーターも増えます。

やる気があれば、作業本数を増やすことで収入が上がる職種です。

 

 

しかし「そうは言ってもどうすればいいの?」と悩む気持ちもわかります。

動画編集フリーランスを目指している人は、未経験からでもフリーで稼げるようになる方法を確認しておきましょう。

 

 

そこで今回は「動画編集フリーランスの収入は?未経験からでもフリーで稼げるようになる方法」を解説します。

動画編集フリーランスを未経験から目指している人は、参考にしてください。

 

動画編集者必見!のオンラインスクール
フリーランス動画編集者必見!スキルが身につくオンラインスクール

    動画編集さんフリーランス動画編集者を目指している人で、どこのオンラインスクールで学ぶかを迷われている人はいませんか?   最近はオンラインスクールが増えたので、ど ...

続きを見る

 

動画編集フリーランスの収入は?

 

動画編集フリーランスの収入

 

YouTube動画における動画編集1本あたりの単価は5,000円から20,000円程度です。

作業内容やクライアントにより単価は大きく異なります。

 

 

年収は、250万円から700万円程度です。動画編集フリーランスのやる気やスキルによって得られる年収はだいぶ変わります。

 

 

年収アップに繋がるスキル

作業が早く1日数本の動画編集ができるスキルを持っている

習得した多くのスキルを駆使して、魅力ある編集ができる

大口のクライアントが数社ある

 

 

上記の複数に該当すれば、収入は会社員よりもフリーランスの方が高くなり、いずれにも該当しなければ会社員の方が高いです。

 

 

しかしどちらにせよ、始めなければ上記のような存在にはなれません。

動画編集フリーランスを始める前に、できれば同業者よりも魅力的な編集ができるだけのスキルを取得しておくといいでしょう。

 

 

また、収入を上げたいのならば高額な報酬が得られる仕事の参画を目指しましょう。

動画フリーランスは受ける仕事によって収入がだいぶ変わってきます。

 

 

動画編集フリーランスの主な仕事

 

動画編集フリーランスの仕事

 

 

一言で「動画編集」と言っても、仕事の依頼内容は違います。

何のための動画なのかによって単価も金額は異なるので、高額案件を受注できるようになれば収入も上がってくるはずです。

 

 

動画編集フリーランスの仕事

YouTube動画の編集

結婚式などの紹介動画の編集

企業が手掛ける動画広告の編集

イベントなどの宣伝動画の編集

地方自治体が手掛ける地域紹介の動画編集

 

 

最初のうちは、簡単なYouTubeの動画編集を受注します。

単価が安いので収入は数をこなさなければ上がりません

仕事を受注するための手間が増えるので、効率的には悪いです。YouTube動画の仕事だけでは、副業の域からは出られません。

 

 

動画編集フリーランスは、企業を相手にして収入を上げていきます。

フリーランスエージェントを活用し、常駐の仕事に参画ができれば収入アップも夢ではありません

横のつながりが増え、単価の上がる広告動画の編集にも携われるようになります。

企業とのつながりができれば、収入も安定することでしょう。

 

動画編集さん
では、未経験から動画編集フリーランスとして稼げるようになるためには、どんなことが必要なのでしょうか。

 

 

未経験からでもフリーで稼げるようになる方法

 

動画編集未経験者が稼ぐ方法

 

 

未経験から稼げるようになる方法

  • 動画編集フリーランスに必要なスキルを身につける
  • 未経験OKの映像制作会社に勤める
  • ポートフォリオを作成する
  • 副業で実績を増やす
  • 求人サイトを利用して参画する
  • キャリアプランを見据えた働き方をする
  • キャリアプランを見据えた働き方をする

 

動画編集フリーランスに必要なスキルを身につける

未経験者がフリーで稼げるようになるには、最初にスキルを習得する必要があります。収入を上げるために習得するべきスキルは大きく分けて次の2つです。
・動画編集に関するスキル
・フリーランスに関するスキル
上記の2つのスキルを習得しなければ、フリーで満足できる収入を稼ぐことはできません。

 

 

動画編集に関するスキル

 

まずは、動画編集に関するスキルの習得が必要です。

 

 

フリーランスは、クライアントからお金をもらいます。

作業によりお金を稼ぐということは動画編集の「プロ」です。

 

 

知人に頼まれて動画編集の作業をする場合は趣味程度のスキルで構いません。

しかし、技術を売って収入を得る以上はプロです。

対価以上のスキルがなければプロとしては失格、長くは続きません。

まずは自分の適性を図る意味も含め、動画編集スキルの習得を目指しましょう。

 

 

動画編集スキルの取得方法

書籍やネットを利用して独学で習得する

スクールに通い習得する

 

 

独学は費用もかけず手軽に学べる方法ですが、強い意思がないと挫折をします。

独学の場合、最初に動画編集ソフトを購入し、お気に入りのYouTube動画を参考に真似をしながらスキルを習得する方法や、動画編集の解説をする「書籍」「ブログ」「YouTube動画」などを参考にして学習をする方法があります。

 

 

スキルの習得でおすすめなのは、費用がかかりますがスクールに通う方法です。

スクールによっては30万円ほど費用がかかる講座もありますが、自分への投資と考えれば安いと思いませんか。

また、お金をかけたことで挫折もしにくくなります。

途中で投げ出して30万円を無駄にするようなことは、誰もがしたくはない行動です。

さらに、講師がいることで確かなスキルが習得できます

独学は、「正しい考え方なのか」「正しい方法なのか」などで迷うことがある点もデメリットです。

講師に聞ける状況は、スキルの習得を早めてくれます。

 

 

いずれかの方法で、動画編集ソフトを使いこなせるだけのスキルを身に付けましょう。

未経験者には、優れた動画の真似をすることで編集機会を増やす時間が必要です。

 

 

フリーランスに関するスキル

 

未経験でフリーを目指すのならば、仕事を受注するためのスキルが必要になります。

動画編集のスキルを身につけても、仕事が得られなければフリーで活躍できません。フリーランスに関するスキルの習得を目指します。最低でも次のスキルを習得しておきましょう。

 

 

仕事を受注するためのスキル

自己管理能力

コミュニケーション能力を含むビジネススキル

営業力と交渉力

 

 

動画編集が未経験でも、社会人を経験している人ならば上記のスキルは既に取得している可能性が高いです。

畑違いの職種に携わっていたとしても営業職をこなし、ある程度の成果を得ていた人ならば問題はありません。

ただ、人と関わる仕事をしてこなかった人は勉強が必要です。

例えば総務関係の仕事に携わっていた人など、利益を生む部署とは別の仕事に従事されていた人は苦労するかもしれません。

自社の上司との会話と、他社のクライアントとの商談はまったく違います。

 

 

動画編集さん
「目上の人との対応には慣れているから大丈夫」と思い込んでいる人は注意をしましょう。

 

 

フリーになったあと、仕事が受注できず悩む可能性が高いです。

受注できたとしても、単品が多くなり継続案件にたどり着きません。

継続案件の受注は収入を上げるポイントです。

より良い仕事を受注するためにも、フリーランスに関するスキルは絶対に必要です

 

 

未経験OKの映像制作会社に勤める

 

スキルの習得と並行しながら、未経験OKの映像制作会社に勤めましょう

未経験で正社員は難しいかもしれません。

貯金に余裕がある人は、アルバイトでも構わないので、勤めることが大切です。

 

映像制作会社に勤めるメリット

未経験者ではなくなり、実績が作れる

横のつながりができる

一連の流れが把握できる

 

制作会社に勤めていた経歴が、フリーを始めてからの信用につながります。

実績を作ることで、仕事が受注しやすくなるのは間違いありません。

 

 

また、制作会社に勤めている人とのつながりができます。

つながりが新たな出会いを生み、動画編集フリーランスを始めたときの財産になるのです。

フリーで働く場合は、同じ職種のつながりを大切にしなければいけません。

 

 

映像制作会社に勤めるのはメリットが多く、収入を上げるためにも必要です

ただ収入が下がるので蓄えがない人や、住んでいる場所が原因で勤め先が見つからない人には難しいかもしれません。

 

 

ポートフォリオを作成する

 

動画編集フリーランスになるためのスキルが習得できた人は、ポートフォリオの作成を行いましょう。

ポートフォリオは、動画編集に関する能力や経歴をクライアントに示すための作品集です。

未経験でフリーになるには、仕事を受注する術を身につけなければいけません。

 

 

ポートフォリオを作る主なメリット

現在の自分の能力がプレゼンできる

選ばれる可能性が上がる

何度も利用ができる

 

ポートフォリオを見せることでクライアントに自分の能力が示せます

クライアントから提出を求められるケースがほとんどですが、求められていない場合でもポートフォリオを提出しましょう

複数の申し込み者がいる案件で、選ばれる可能性が高まります。

また1度作成すれば、何度も利用できるのがメリットです。

1度提出したからと言って、作成し直す必要はありません。

再度作成するのは、自分のスキルが向上したときです。

 

動画編集フリーランスを開始したときは、ポートフォリオを利用して自分のサイトを立ち上げておきましょう。

SNSで宣伝をしながらポートフォリオのサイトへ誘導すれば、仕事の受注につながるかもしれません。

ポートフォリオはいろいろな場面で役立ちます。

動画編集フリーランスには必須のアイテムです

 

 

副業で実績を増やす

 

映像制作会社で働けない人は、副業で実績を増やすことをおすすめします。

 

また、映像制作会社に勤めることができた人も、副業で動画編集に携わる時間が必要です。

フリーになる前に、作成したポートフォリオを利用して副業を開始します。

動画編集の仕事の探し方は、主に次の方法がおすすめです。

おすすめの仕事探し方法

クラウドソーシングサイトを利用する

知人や友人のつながりで紹介を受ける

SNSやブログで動画編集の作業ができることをアピールする

 

クラウドソーシングサイトを利用するのはおすすめです。

ただ手数料が引かれるので注意をしましょう。

一般的なサイトは、作業報酬の20%を引いて支払いがされます。

 

 

映像制作会社に勤められた人は、横のつながりで仕事を探すのがおすすめです。

友人や知人にもアピールをして、副業としての案件を獲得しましょう。

副業で実績を積むことで、ポートフォリオがさらに充実します。

未経験からでもフリーで稼げるようになるためには、副業での経験が必要です。

 

 

求人サイトを利用して参画する

 

副業で実践を積み、自信がある程度持てた人は動画編集フリーランスを開始しましょう

映像制作会社に勤められた人は、コネやツテで仕事が見つかるかもしれませんが、何もない人は求人サイトの利用がおすすめです。

フリーで成功をするには企業との「業務委託」が絶対条件、収入が安定します

 

 

副業で経験を積んだ後はポートフォリオを作成し、求人サイトで募集をしている案件に応募をしましょう

フリーランスエージェントを利用したいところですが、動画編集関連を扱うエージェントは少ないです。

求人サイトで「動画編集 フリーランス」と検索して探す方が早く見つかります。

 

業務委託が難しい人は、副業の延長で仕事を探しましょう。

SNSやブログでフリーランスを始めたことをアピールします。

ポートフォリオが企業の目に留まれば業務委託を得られるかもしれません。

 

また、業務委託ができた場合も、合間に単発の仕事をこなすことも大切です。

業務委託に依存をすると、契約終了となった場合に困ってしまうおそれがあります。

収入を安定させるためにも、別の仕事を請けながらフリーランスを続けることが必要です。

 

 

キャリアプランを見据えた働き方をする

 

ほとんどの人が、動画編集フリーランスを始めることがゴールではないはずです。

未経験からでもフリーを目指したのですから、何かしらのキャリアプランがあります。

フリーで稼げるようになった人は、キャリアプランを見据えた働き方をしましょう。

 

自由度の高い働き方を求めたことでフリーを目指した人もいるはずです。

フリーがゴールだった人は、実際に動画編集フリーランスを始めたあとの新たな目標が必要になります。

 

目標設定の一例

収入は気にせずプライベートを充実させたい

ディレクターを目指したい

プロデューサーを目指したい

YouTubeを利用して動画編集の講師になりたい

 

フリーランスは自由度の高い働き方です。

仕事をするもしないも本人が決められます。

収入が安定したあとは、キャリアプランを見据えた働き方をするべきです

 

 

まとめ

 

「動画編集フリーランスの収入は?未経験からでもフリーで稼げるようになる方法」を解説しました。

YouTubeに関する市場規模の成長は著しいです。

YouTubeの人気により、動画編集フリーランスを目指す人も増えました。

 

 

未経験からでもフリーで稼げるようになった人が実際にいます

ただフリーランスで参画する人が増えたことにより、通常のスキルでは仕事が受注できなくなったのも事実です。

収入を安定させるためには、周囲よりも優れたスキルにより、魅力的な動画編集をしなければいけません

 

 

動画編集に関する技術は日々進歩しています。

未経験からフリーを目指している人は、常に勉強し続けることが大切です

 

 

動画編集フリーランス必要スキル10選
動画編集フリーランスになるには?必要なスキル10選

  動画編集は、現在人気急上昇中の仕事です。 YouTube人気が、動画編集の仕事を増やすことにつながり、それを仕事にする人が増えています。 ゼロから動画編集フリーランスを目指す人も増えてき ...

続きを見る

 

 

フリーランス動画編集者仕事の探し方
フリーランス動画編集者の仕事の探し方・案件獲得方法まとめ

  動画編集さんフリーランス動画編集者の仕事の探し方で悩んでいる人はいませんか?     フリーへの転身を考えている人の一番の不安は、常に仕事があるかどうかです。 実力の ...

続きを見る

-仕事・案件の探し方, 動画編集者
-

© 2021 フリーランスの教科書