WEBディレクター 仕事・案件の探し方

フリーランスWEBディレクターの仕事の探し方・案件獲得方法まとめ

 

ディレクターさん
WEBディレクターが任されるようになった人の次の目標は、独立ではないでしょうか。

 

フリーランスになり、自由と収入を上げたいと考えるのが一般的です。

最近は、WEBディレクターの仕事を外部発注する企業が増えてきました。現在勤めている会社が頻繁に外部委託をするような状態を目の当たりしたら、フリーランスを目指したくなるものです。

 

しかしフリーランスになったとき「案件獲得が本当にできるのか?」が、不安になります。

フリーランスになっても、案見が獲得できなければ収入が得られません。事前に仕事の探し方や案件獲得のために必要なことを知っておくべきです。

 

そこで今回は「フリーランスWEBディレクターの仕事の探し方・案件獲得方法まとめ」を解説します。

フリーランスWEBディレクターを目指している人は参考にしてください。

 

フリーランスWEBディレクター必見!スキルが身につくオンラインスクール

  WEBディレクターは、WEB業界にいるさまざまな職種をまとめる役割を担う人、「サイトの出来栄えはWEBディレクターによって変わる」と言っても過言ではありません。   どれだけ才 ...

続きを見る

 

フリーランスWEBディレクターの将来性

フリーランスWEBディレクターは人手不足と言われています。理由は任せられるだけの人材が少ないことです。

人材不足ということは、将来性があることの現れではないでしょうか。

 

 

ネットへの依存度が高まる現代、想像をカタチにしたい作業は山ほどあります。

しかし、人材不足により追い付かないのが現状です。プログラミングやデザインのスキルを有した人材はたくさんいます。

ただ、それをまとめ上げる能力を持ったWEBディレクターの人材が足りません

 

 

自社の正社員にすべてを任すことができれば、信頼は高まります。しかし業務量が多く、あまりにも負担が高くなりがちです。

仕事を分け、WEBディレクターの負担を低減したいと考えます。ただ、依頼ができるWEBディレクターが存在せず、開発が進みません。

現状のサイトに満足ができず、さらに最新のサイトを求める企業が増えているのは明らかです。

大きなマーケットがあるにも関わらず、手を出せない状態に苛立つ企業もあります。

 

 

WEBディレクターはクライアントの意思を理解し、自分の言葉で技術者に伝えることでまとめ上げ、理想をカタチにします

人材不足なことから、フリーランスWEBディレクターは優れた能力を有し、それを企業へ示すことができれば案件獲得は簡単です。

 

ディレクターさん
将来性は十分見込めるフリーランスの職種ではないでしょうか。WEBディレクターは、おすすめのフリーランスです。

 

 

フリーランスWEBディレクターの案件獲得に必要なこと

 

「人材不足ならばフリーランスWEBディレクターになれば仕事に困らない!」と、勘違いをしている人はいませんか?

 

人材不足なのではなく、任せられる人材が不足しているのが問題です。

 

厚生労働省が配布している接触アプリでも不具合が問題視されました

責任の所在は分かりませんが、優れたWEBディレクターが数人いれば、問題がそこまで大きくならなかったかもしれません

アプリに関する不具合報告は、数多くあります。

 

 

ディレクターさん
まずは、フリーランスWEBディレクターが案件獲得するために必要なことを確認しておきましょう。

 

 

フリーランスWEBディレクターとしてのスキル

 

ディレクターさん
フリーランスWEBディレクターが案件獲得をするためには「信頼を得る」ことが重要です。

 

 

企業から1度信頼を得られれば、継続した案件獲得が実現します。

しかし、どうやって「信頼」を示せばよいのでしょうか。初対面で案件獲得をするためには「自分の優れた能力を示す」ことが必要です。

 

 

優れたフリーランスWEBディレクターは、多くのスキル(能力)を有していることから、話すだけで人の良さが伝わってきます

最初の仕事を得るためにも、次の能力を高めておきましょう。

 

 

リーダーシップスキル

リーダーシップスキルとは「指導力」や「統率力」のことです。

 

 

フリーランスWEBディレクターは、さまざまな感情をもちながら仕事をする人たちを、1つのチームとしてまとめなければいけません

スタッフに「フリーランスWEBディレクターがあなただから参加したい」と言わせるような魅力が必要です。

 

 

ディレクターさん
リーダーシップに求められる主な能力を確認しておきましょう。

 

 

リーダーシップに求められる主な能力

  • 傾聴力
  • 示す力
  • 気づく力

 

スタッフの中には、思いを上手に伝えられない人もいます。

些細な会話からも多くの情報を手に入れる傾聴力が必要です。

ただし一方的な意見だけを信じ、間違えた解釈をするとチームが乱れます。事実を確認し対応することが大切です。

 

 

示す力は、ゴールの方向性です。クライアントに求められたものを、わかりやすくスタッフに示します。

また傾聴力で知り得たスタッフの想いを代弁し、示すことも時には必要です。

 

 

気づく力は、見落としや別の価値観や違和感を発見する力を指します。

スタッフは、一点に集中することで、周りが見えなくなるかもしれません。全体的に見て、見落としや誤った方向性などに気が付きます。

また、現状の作業工程の手際が悪ければ、別の方法を提案することも必要です。違和感を覚えたらすぐに話し合い解決していくことで、完成へと導きます。

 

 

フリーランスWEBディレクターにリーダーシップスキルは必要です。

厳しいことを言えば、リーダーシップスキルを持たない人がフリーランスWEBディレクターになるとチームがバラバラになり、クライアントの求めているものが出来上がりません。

もし出来たとしてもスタッフの個々の力が優れていただけです。WEBディレクターの力ではありませんし、何度も続きません。

 

 

プロジェクトマネジメントスキル

プロジェクトマネジメントスキルとは、クライアントの要望に応えるための計画を立てる力です。

 

 

フリーランスWEBディレクターには、納期やクオリティ、予算などを守ることが求められます。

例えクライアントが求めている以上のものが完成しても、納期や予算がオーバーすれば2度と声がかからないかもしれません。

 

納期を守るために、スケジュール管理が必要です。

全体の進行管理をし、遅れそうな工程があれば、早い段階で対処をします。

スタッフのモチベーションを落とさない工夫も必要です。

 

 

限られたコストや人員の中で、最高のパフォーマンスをするためには、プロジェクトマネジメントが欠かせません。

条件に同意し引き受けたからには、達成させるための管理が必要です。

 

 

プレゼンテーションスキル

プレゼンテーションスキルは、自分の情報を相手にわかりやすく伝えるスキルです。

プレゼンテーションスキルが高い人は、コミュニケーションスキルにも長けています。

 

 

コミュニケーションスキルとは、相手と意思疎通を行うための能力です。

フリーランスWEBディレクターはクライアントとスタッフの間に位置する存在、コミュニケーションスキルにより意思疎通を図らなければいけません。

 

 

意思疎通を図るためにもプレゼンが必要です。スタッフと話し合った結果、予算を増やせば注文された内容よりも素晴らしいアプリが完成するとわかりました。

しかし、勝手に行動し日程や予算を変えればフリーランスWEBディレクターとしては失格です。

施策のプレゼンを行い、クライアントへ伝えてからゴールを変更しなければいけません。

クライアントのプラスになることを、どれだけ上手に伝えられるかが重要です。

 

 

クライアントからOKをもらえれば、自分たちの意見が通ったということで、モチベーションが上がります

マンパワーで作業に当たれる状況です。

他にもフリーランスWEBディレクターをしていると、プレゼンが必要となる状況が多々あります。

 

 

相手に伝えるためには、ドキュメント作成スキルも必要です。伝える力がなければ、スタッフもゴールが見えません。

中には「個々のゴールが見えていればいい」と考える人もいますが間違いです。

完成品や目的、目指しているものを理解していることで、次の工程への引継ぎ方法が変わります。

 

 

「フリーランスWEBディレクターだけが理解していればいい」と考えるのは傲慢です。

フリーランスWEBディレクターはクライアントとスタッフ、両方にプレゼンをしなければいけません。

 

 

ディレクターさん
クライアントの思いをスタッフに伝えられるのは、フリーランスWEBディレクターだけです。

 

課題発見力

課題発見力とは、現状を分析することで目標の妨げになる問題を見つけ、解決を提案する力です。

 

 

フリーランスWEBディレクターは課題を見つけ、解決手段の提案をし実際に解決をしなければいけません。

解決の手段が見つからない場合は、周囲から知恵を借りることも重要です。

「周囲に聞くのはプライドが許さない」という人に、フリーランスWEBディレクターは務まりません

 

課題発見力の3ステップ

step
1
細かい部分まで確認し問題を見つける

step
2
問題が見つかれば解決案を考える(見つからない場合は周囲に聞く)

step
3
具体的なアクションを起こす

 

課題発見力は上記の繰り返しです。

問題に対し「ダメ」の言葉だけで片付ける人もいます。

せっかく課題を発見したにも関わらず、解決案が「ダメ」だけでは、同じ間違いを繰り返すかもしれません

 

 

何がダメかを理解させ、具体的な解決を促すことでチーム全体のレベルアップを図るのが理想です。

モチベーションを意識して問題を指摘できない人もいます。

「後で自分がやればいい」と思う人もフリーランスWEBディレクターには向いていません

 

 

ディレクターさん
課題発見力は、発見したあとの行動までが重要です。知識と経験で課題を発見し、解決策を提示することでより良いチームが出来上がります。

 

情報収集能力

情報収集能力とは、情報で溢れている現代状況から、必要な情報を吸い上げ収集し管理する能力です。

 

 

現在遂行中のプロジェクトに関係する法改正が起きるかもしれません。技術動向の確認も必要です。

一日の行動の中に、情報取集の時間を設けておかなければいけません。情報を収集する手段はたくさんあります。

 

情報収集手段

ネットやテレビでニュースを確認

新聞や書籍を見る

SNSでトレンドを確認

セミナーやイベントへの参加

 

情報の真実性や偏りには注意をしましょう。

誤った情報を鵜呑みにしてはいけません。情報のソース元を確認し根拠のない情報は排除をします。

また、情報を収集しただけで満足をしてはいけません。生きた情報を速やかに活用するのが大切です。

情報収集能力は「情報収集」と「集めた情報を有効活用できるだけのスキル」の2つが組み合わさることで力を発揮します

 

 

ディレクターさん
フリーランスWEBディレクターは、アンテナを常に高くしておきましょう。

 

 

まだまだあるフリーランスWEBディレクターに必要なスキル

今まで紹介してきたスキルは、フリーランスWEBディレクターになるために必要なものです。

フリーランスWEBディレクターになる前は、長きにわたり下積みをします。

下積み時代に手に入れた次のスキルを取得しているからこそ抜擢されるはずです。

 

必要なスキル

アクセス解析

統計学の知識

マーケティングスキル

企画力

ITの基礎知識

テクニカルスキル

 

ただし、すべてのスキルに秀でている必要はありません。

個々に秀でたスキルを持つスタッフがチーム内にいれば大丈夫です。

スタッフの力をマンパワーで引き出すことがフリーランスWEBディレクターには求められます

すなわち、スタッフに人として尊敬される立場になれれば良いのです。

 

 

案件獲得に必要な営業力

フリーランスWEBディレクターとしてのスキルのほかに必要なのが営業力です。

優れたスキル(能力)を売り込むだけの営業力がなければ案件獲得はできません

 

フリーランスは、自分で仕事を探すのが特徴です。

仕事を見つけ案件獲得できなければ、どんなに優れたスキルでも見せ場がありません。

 

 

ディレクターさん
フリーランスに必要なのは、自分を売り込む営業力です。案件獲得のためにも営業力を身につけておきましょう。

 

 

フリーランスWEBディレクターの仕事の探し方

「フリーランスWEBディレクターとしてのスキル」と「案件獲得に必要な営業力」が備わっていれば鬼に金棒です。

次のいずれかの方法で案件取得が実現します。

 

仕事の探し方

フリーランスエージェントの活用

企業に直接営業をする

 

 

ディレクターさん
詳しく解説をします。

 

仕事の探し方①フリーランスエージェントの活用

エージェントがフリーランスと企業をマッチングするサービスです。

 

サイトに登録をしたあと、エージェントと打ち合わせをします。

打ち合わせの結果、希望に合う企業とマッチングをするサービスです。

フリーランスWEBディレクターは人手不足の状況にあります。先ほどのスキルを有している人は「優れた人材」として、すぐにでもマッチング企業が見つかります。

 

ディレクターさん
おすすめのエージェントを紹介します。

 

おすすめのエージェント

レバテック

ミッドワークス

ギークスジョブ

 

上記3つのエージェントに登録をすれば仕事がすぐに見つかります。

エージェントごとに保有している企業が違うこともあるので、より良い仕事探しにするため最低でも上記3社には登録をしておきましょう

 

仕事の探し方②企業に直接営業をする

 

ディレクターさん
「WEB制作会社」や「SEO会社」などに、直接営業をする探し方もおすすめです。

 

下積み事態にお世話になった企業へ自分を売り込みます。

もともと勤めていた会社にも直接営業をしましょう。自分を知っている人への営業なので、すんなり案件獲得ができるかもしれません。

エージェントとの打ち合わせが面倒と思っている人におすすめする仕事の探し方です。

 

 

まとめ

「フリーランスWEBディレクターの仕事の探し方・案件獲得方法まとめ」を解説しました。

 

WEBディレクターには、人を惹きつけるだけのスキルが必要です。

そのため人材不足の状況が続いているとも言えます。

スキルが備わっていて自分が売り込める人ならば、仕事の探し方は簡単です。結果が残せれば、引く手あまたの状況になるかもしれません。

 

企業で言う中間管理職の立場です。

優れた中間管理職がいる職場は、部下もやる気に満ちています。ヘッドハンティングを受けるような存在です。

 

 

ディレクターさん
同じような魅力を持っているフリーランスWEBディレクターならば、仕事に困ることはありません。

 

フリーランスの仕事の探し方・案件獲得方法まとめ【全般】
フリーランスの仕事の探し方・案件獲得方法まとめ【全般】

  「フリーランスを始めたが仕事が見つからなくて困っている」と悩んでいる人はいませんか?「仕事をこなすスキルは高いから大丈夫」と考え、思い切って始めたフリーランスに行き詰る人が後を絶ちません ...

続きを見る

-WEBディレクター, 仕事・案件の探し方

© 2021 フリーランスの教科書